リノベーションで気をつけたいポイント

住まいづくりコンサルタントがお話しします。
  • 総合・その他
情報登録日:2020年10月12日(月)

同じ建物をまるで建替えるように、大きく変えることもできるリノベーションは、夢も膨むけど、お金も時間も大がかりです。

OZONE家designの住まいづくりコンサルタント高木美奈さんに、リノベーション成功の秘訣を聞いてみました。

せっかくのリノベーションを楽しむためのコツを、OZONE家designの住まいづくりコンサルタントがお話します。

 

 

 

高木 美奈(OZONE住まいづくりコンサルタント)

「新築」「リフォーム」「インテリア」それぞれ検討されているお客様との対話を大切にし、世界でたった一つの「家」をつくるプロセスを、完成までナビゲートするメニュー:OZONE家designを担当するコンサルタント。

 

リノベーションって何?

解体現場

元々の定義はさておき、現在では、構造躯体(建物として重要な柱や梁、壁・床のこと)を残して改造するスケルトンリフォームなどの大規模改修を差す言葉として、広く使われています。
部分的なリフォームと違い、間取りをガラリと変えるなど、できることが格段に増えるので、夢も拡がります。

 

リノベーションでありがちなこと①

設計者を選ぶコンペ風景(OZONE家design)

ここからは、リノベーションをする皆さん自身を「クライアント」と呼びます。
せっかくリノベーションしたのに、多くの不満が残ってしまう一番の原因に、クライアントがしたいリノベーションと目の前にいる設計・工事会社が合致していないということがあります。
よく皆さんは「素人だから、自分の希望をうまく説明できなかった」と悩みます。でも実は、それよりも設計や工事会社の選び方に間違いがあったケースが多いのです。
これは、決して悪質なリフォーム業者につかまったという話ではありません。 設計者や工事会社が一生懸命仕事をしていても、クライアントの望むこととベクトルがちぐはぐでは、満足につながらず、残念な結果になるということです。

 

リノベーションでありがちなこと②

もう一つは、お互いの確認不足が原因で起きます。
これには、設計や工事会社側の説明不足も往々にしてありますが、皆さんもリノベーションの過程で「言いにくい・専門的なことは分からない」と目をつぶらずに、プランや見積書についても、クライアントとして、しっかりと理解することが必要です。
「当然〇〇だと思っていた。(でも違ってた)」とならないために、クライアントと設計・工事会社の間には、多くのギャップが存在して当たり前、という事をお互い意識したうえでスタートすることが重要です。

 

リノベーションを成功させるには

今の家の良いところを活かす
OZONEコンサルタント:渡邉
設計:小俣忠義+金子有太(フレイム)(建築家)
撮影:大槻夏路

まずは、自分たちのリノベーションについて、何が目的で、何を重要視したいか、予算配分やこの先の将来のことも含めた、外せないポイントを多方面から整理します。
そうして自分の求めるリノベーションを理解して、計画にあった設計・施工会社を選ぶことで、はじめて自分の希望をうまく伝えていけるようになります。
設計者や工事会社が、「頼めば何でもできる」というのは大きな勘違いで、多くの設計者・工事会社は、それぞれ皆、得意なこと不得意なことがあります。 計画にあった依頼先を選ぶこと、とくに良い設計者と巡り合えることは、リノベーションを楽しめるかどうかに、大きく影響します。

 

依頼先がきまったら

「ミングル」スープ作家さんのリノベーション
OZONEコンサルタント:村松
設計施工:ますいいリビングカンパニー(工務店)
撮影:栗原諭

次に大切なのは、「基本設計」や「実施設計」、「見積もり」、「工事」、そして「引渡し」とステップごとに、ポイントを押さえた確認ができること。
そのためには、クライアントである皆さんは、いま何を確認するべきかを分かっている必要があります。
そして、ステップごとに疑問や不安を解消しながら進めていきましょう。
その積み重ねが、満足できるリノベーションにつながります。

 

リノベーションって大変!?

多くの費用と時間を費やすリノベーションは、本来、完成した住まいの満足度はもちろんのこと、リノベーションを進めること自体がとても楽しいものです。
でも、楽しみながら成功させるには、ここまでに述べたようなクライアントとしてのスキル(知識)が少し必要です。
そのスキルを補えるよう、「住まいづくりコンサルタント」はクライアントの皆さんをサポートしています。

 

これからリノベーションをする方へのアドバイスは?

人の手で作っていくリノベーションでは、大なり小なり、行き違いや失敗は起こります。
トラブルをより良いかたちで乗り越えていける気持ちのゆとりも大切です。とはいえ、トラブルで困ってからでは、できる解決策に限りがあります。

ぜひリノベーションを始める前に、まずはOZONEへ来てみてください。

館内にあるたくさんのショールームを見るのも参考になりますし、6階にある「家designスタジオ」では、これから始めるリノベーションの進め方について、コンサルタントがご相談にのらせていただきます。
私たちと一緒に、ぜひリノベーションを楽しみましょう。



家designスタジオはこちら

OZONE家designのリノベーション事例はこちら

 

 

OZONE家designとは
新築・建て替え、リノベーションからインテリアまで、専門知識を分かりやすく伝えるコンサルタントやインテリアデザイナーが、お客さまの住まいづくりをお手伝いしています。

「OZONE家design」詳細はこちら