"SDGs"で選ぶ、より良い暮らし [ vol.1 ]
家具・建材・設備メーカーが提案する未来

2030年までに持続可能でより良い世界を目指す国際目標、SDGs。 環境や気候変動、平等・平和といった人権問題など、世界の様々な問題解決を目指す17の目標で構成されています。
私たちの暮らしの中には、SDGsに貢献しているものがたくさんあることを知っていますか? 例えば、住宅に欠かせない家具や建材、設備などにも、製品を開発・製造する工程でSDGsに取り組んでいるものがあるのです。
日々の暮らしで使うものこそ、未来に貢献できるものを選びたい。そこで、OZONE館内ショールームや家具・建材・設備を製造する企業によるSDGsの取り組みを、全2回のシリーズにてご紹介します。
 [vol.2]はこちら

― サステナブルな寝具や家具

76_01_IWATA.jpg

寝具「unbleached」シリーズ(寝具御誂専門店 IWATA)

OZONE 5Fにショールームを構える寝具御誂専門店 IWATA東京では、 循環型サイクルを提案しています。
寝具を製造する工場の電力は、再生可能エネルギーを100%採用しているほか、 使用する素材は再利用・再資源化しやすい自然素材を中心に使っています。
素材を無漂白・無染色・蛍光増白材未使用のものに限定した寝具シリーズ「unbleached」は、 素材が持つ風合いを楽しむことができ、質の良い眠りを提供してくれます。

「寝具御誂専門店 IWATA東京」の詳細はこちら

76_02_ワイスワイス.jpg

ダイニング家具(株式会社ワイス・ワイス)

「地球環境や子どもたちのことを考えた家具づくり」に取り組む株式会社ワイス・ワイスは、 日本全国の森林家・森林組合・製材所・加工工場とのネットワークを築き上げ、 地域産材を活用したプロジェクトに取り組んでいます。
地域の木材と職人によって生み出された家具や製品は、地域の森や職人の技術を守り、 持続可能な社会を作り出しているのです。

「株式会社ワイス・ワイス」の詳細はこちら

― 森林を守り、暮らしを癒す木材

76_03_木材系.jpg

左から:カーボンストックファニチャー(国産木材の魅力発信拠点MOCTION) / 床材(マルホンショールーム MOKUZAI.com) / キッチン(ウッドワンプラザ新宿)

OZONE 5Fの国産木材の魅力発信拠点 MOCTIONでは、国産木材の利活用に向けた 情報発信を行っています。
上部写真で紹介しているのは"都市を森林の貯蔵庫に還す"ことをコンセプトにした家具プロダクト "カーボンストックファニチャー"。都市部のオフィス空間などへの活用の提案を行っています。 木は成長過程で二酸化炭素を吸収し、木材となっても固定し続けるという特性を持っています。 二酸化炭素を貯蔵した国産の木材を使用することで、地球温暖化対策に貢献します。

OZONE 6Fのマルホンショールーム MOKUZAI.comでは、環境保全活動と 持続可能な木材資源の保持に取り組んでいます。
国際的な森林認証制度(FSC認証など)の取得や、2016 年には独自の認証制度に基づく 木材調達プロセスを導入し、定期的に木材調達先への訪問も実施しています。 環境にやさしい木材調達を徹底する姿勢は、私たちを健康な暮らしに導いてくれます。

OZONE 6Fのウッドワンプラザ新宿では、植林から伐採まで30年を費やし、 手を掛けながら品質の高いニュージーパインを育て、その木材を使った 製品づくりを続けています。
森と人との共生を掲げ、ニュージーランドの森で大切に育てられた ニュージーパインは、床材・建具・キッチンなどに展開され、 暮らしの中で木のぬくもりやあたたかさを演出します。

「国産木材の魅力発信拠点 MOCTION」の詳細はこちら
「マルホンショールーム MOKUZAI.com」の詳細はこちら
「ウッドワンプラザ新宿」の詳細はこちら


暮らしにまつわる製品選びは、日々の暮らしを快適にするだけでなく、未来の暮らしも豊かにします。身近にあるものから、SDGsの取り組みに触れてみませんか。
こうした住関連メーカーのSDGsの取り組みを製品展示や解説パネルでご紹介する展示未来へつなげる選択 ― 住まいづくりのSDGs ―を、OZONEカタログライブラリーで、2021年10月26日(火)まで開催中。私たちのより良い未来を見つけるきっかけとして、是非参考にしてみてください。

OZONEカタログライブラリー(3F)
6_04_カタログL.jpg

様々なメーカーの建材・家具・住宅設備などのカタログ、サンプル帳が閲覧できる施設です。
建材、家具、住宅設備など、住まいに関する個性豊かな製品のカタログやサンプルがカテゴリー別に並びます。
設計者やコーディネーターなどプロユーザーの皆さまに、製品の比較検討や情報収集の場としてお仕事で活用いただけるのはもちろん、住まいづくりを検討するエンドユーザーの皆さまにもご利用いただけます。

詳細はこちら

この記事に付けられたキーワード

この記事を保存しておきましょう

ライフスタイルからインテリア・住まいづくりの
ヒントを見つけましょう