新ショールーム「暮らしのかたち」オープン

オープン日:2017年8/12(土)
  • ショールーム・ショップ
情報登録日:2017年8月12日(土)

リビングデザインセンターOZONEは、インテリアの新ショールーム「暮らしのかたち」を5Fにオープンしました。現代の日本の暮らしに馴染むデザインを集めた「にっぽんフォルム」と北欧の上質なインテリアを発信する「ノルディックフォルム」、欧州のブランドから厳選したファブリックのショールーム、それぞれのDNAを受け継ぎ、新たなスタートとなりました。


「暮らしのかたち」は、北欧と日本をベースにした、美しい佇まいの家具と日用品とファブリックのショールームです。家族も住まいも多様になったいま、型にとらわれず、多彩な暮らしを受け入れるかたち、時代を超えて愛され、使い続けるうちに進化するかたちとは―。


毎日の生活に寄り添い、ずっと使いたくなるデザイン―「未来の定番」を予感させるものを選りすぐり、その背景と魅力を丁寧に紹介します。日常を豊かにしてくれる家具や日用品、真摯なものづくりの存在を知ること、愛着をもって使うこと、折衷をたのしむこと―「未来の定番」を育む場として、ひとりひとりの「暮らしのかたち」を発見するスペースとして、ご活用ください。

 

<未来の定番>とは

□ 暮らしに馴染み、使い手の個性にあわせた使い方が期待できるもの
□ 新旧問わず、永く愛着をもって使えるもの
□ 素材を適切に使い、丁寧につくられ、使い込むほどに風合いがましていくもの
□ 修理や補修ができるもの
□ これからの暮らしを予見させる余白のあるもの

 

商品構成

ダイニングチェア・パーソナルチェア・バランスチェア・座イス/ソファ/ダイニングテーブル・センターテーブル/キャビネット・本棚・ローボード・飾り棚/デスク/畳ベッド/照明器具(ペンダント・スタンド)/ラグ、置畳、花茣蓙/組子障子、簾/ファブリック/小物(食器、カトラリー、季節小物)/北欧ヴィンテージ家具&小物

 

デザイナー、ブランド

フィン・ユール、ハンス J.ウェグナー、ボーエ・モーエンセン、オーレ・ヴァンシャー、イングマール・レリング、ピーター・オプスヴィック、ブルーノ・マットソン、アルヴァ・アアルト、柳宗理、吉村順三、豊口克平、秋岡芳夫、剣持勇、長大作、渡辺力、川上元美、新居猛、水之江忠臣、小泉誠、高橋三太郎、赤木明登、kinnasand、kvadrat、KASTHALL、Pappelina、louis poulsen、LE KLINT、Secto Design、GRUPO LAMADRID、BLENDWORTH、ほか

 

店舗構成

北欧と日本のデザインから厳選したアイテムを紹介するほか、互いの親和性や折衷を楽しむテーマ企画をコーディネート提案とまじえて展開します。また、ファブリックやラグのコーナーを設置し、寛いだ雰囲気のなか、アイテム選びだけでなく、窓まわりや部屋づくりのトータルコーディネートの相談にもお応えします。