開催日:2019年10/10(木)
5F Aria&Aura Harmonia Gallery

リビングデザインセンターOZONEが不定期で開催しているプロ向けのショールームレクチャーより、内容の一部をご紹介します。
ショールームレクチャーのテーマは、<体感>。製品に触れ、スタッフと語らうことにより、開発の背景やスタッフの思いなど、webやカタログでは伝えきれないリアルな魅力を感じていただきます。


厚さ2mmの天然木無垢材挽き板

1.Aria01-300.jpg

節などの欠点が少ない最高級グレードの製材
から厳選し、木目の美と無垢材の質感を活かす。

「Aria&Aura」は天然木無垢材挽き板に代表される本物の素材を使って、主に建具と家具をオーダーで製作しています。ショールームではまず製品で使っている無垢材挽き板の実物に触れてみてください。厚さ2mmの挽き板は自然な木目も鮮やかで、一般的な0.2mm~0.3mmの突き板とは次元の異なる質感・存在感があります。

ラインナップされた樹種は、北米の持続可能性が認められた森からの広葉樹で、日本の住まいになじみやすい「ブラックウォルナット」「ハードメイプル」「ブラックチェリー」「ホワイトオーク」の4種。オイル塗装には、耐久性にすぐれたエクセレントオイルを使用し、年月とともに変化する風合いを長く楽しめます。


空間をイメージ通りにできる木製サッシ

2.Aria02-300.jpg

引き戸が持ち上がってスライドするヘーベ
シーベは、ドイツ発の金具システム。
気密性・ 断熱性・水密性にすぐれる。

オーダーメイドの木製サッシは、無垢材を三層積層した4樹種から選べ、空間に合わせてサイズや開閉方式などを設計できます。基本仕様では雨や紫外線のリスクを考慮し、室外側にアルミ外装板を被覆させた「アルミクラッド」を採用していますが、木の種類を変えることでオール木製にすることも可能です。ご要望に合わせて気候風土やセキュリティ面に合わせた高性能ガラスや、防犯性をより高くするためのシリンダー錠などもご提案しています。

テラス窓などの大開口には、機能性が高く、操作が軽快な「ヘーベシーベ」を採用。ショールームでは大きな引き戸でも楽に動かせる操作性を体感し、室内外からの窓枠の見え方を確認。イメージを具体化できます。


インテリアに素敵なHarmonyを

3-300.jpg

ガラスにレース生地を挟んだ
ガラスパーテーション。

ショールームでは他に木製室内ドア、木製オーダーキッチン、ガラスパーテーション、造作オーダー家具などを展示しています。いずれも無垢挽き板を使用し、ダイニングキッチンからリビング、水周りまで、トータルに調和のとれた空間をつくり出すことを目指しています。

ドアは隠し丁番を標準採用し、外側からも内側からも金具が見えないので、すっきりした印象です。アルミフレームに無垢挽き板を組み合わせたガラスパーテーションは、様々なガラスのバリエーションをご用意していて、レース地をガラスに挟んで木の板目のような柄が浮かび上がるモアレガラスは住空間に彩を添えてくれます。無垢挽き板を使ったハーモニーの響かせ方は自由自在に広がっています。

Ask The Staff

プロフェッショナルからよく受ける質問について聞いてみました。

Q:無垢材は反りや割れが心配ですが?
A:動きを極力抑えるため、卓越した職人の技術が施されています。表面に傷がついても厚みがあるので研磨でき、オイル塗装なのでご自身でもメンテナンス可能です。突き板よりも寿命の長い素材と言えます。

Q:ヘーベシーベの引き戸の最大サイズは?
A:おおよそ1枚6㎡まで。ガラスの種類で多少違います。あわせて室内用の木製網戸をつくり、設置することも。ヘーベシーベは室外用アルミ網戸も設置可能です。


取材・文/長野 伸江

Aria&Aura Harmonia Gallery

館内ショールーム

無垢挽き板と突き板の違いは、印刷物やネット画像ではわかりにくいもの。ぜひショールームで実物を体感してください。