このセミナーは終了しています。

有機EL照明で心身をケアする暮らし方

医療と出会ったインテリアデザイン
3/9(金)
※イメージです。

「有機ELといえば山形」―山形県は“つくる・つかう・まなぶ”の三つのはたらきを一体化し、産学官協働で生活と社会を豊かにする新産地構想のコンセプトを掲げ、国際的な産業拠点を目指しています。有機EL照明は、今までにない、薄くて曲がる低発熱な面光源です。フラットなパネル構造によりムラなく光り、幅広い波長がまんべんなく出るため、演色性が高く、自然光に近い光源という特性があります。

本セミナーは、有機EL照明の特性を活かした照明空間と心身をケアするデザインについて各分野の専門家を迎えて解説します。また、医学的な研究で実証された臨床データをベースに健康に配慮した生活空間づくりを実例と共に紹介します。例えば、人はブルーライトや過剰な照明に触れるとストレスを感じますが、心身をケアする目的で内装材を計画し、有機EL照明を選択することで、片頭痛の症状を緩和できる可能性もあります。トレンドを追うばかりでは実現できない真の快適さとは―「インテリアデザイン×医療」という新たな視点から有機EL照明を紐解き、メイド・イン・山形の高品質なあかりの可能性を探ります。

※やむを得ない事情により、中止または延期とさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。




  

講師

辰元宗人(医師/獨協医学大学神経内科准教授)

1969年茨城県生まれ。獨協医科大学卒業後、獨協医科大学神経内科へ入局。博士(医学)。片頭痛と過敏症(光・音・香り)の研究成果をもとに、体に優しい環境づくりから予防医学的ライフスタイルの提案まで広く手がける。現在、医療安全管理部門長兼務。頭痛専門医、神経内科専門医、総合内科専門医。

尾田恵(インテリアデザイナー/株式会社菜インテリアスタイリング)

三菱地所、インテリア事務所を経て、2007年株式会社菜インテリアスタイリング設立。住宅、商品企画、福祉施設、TV番組等様々なインテリアに携わり、身体と心のための「インテリア健康学」Active Care®(アクティブ・ケア)を提唱。2018年「日本インテリア健康学協会」設立。獨協医科大学の共同研究にも参画し、新たなインテリアの可能性に向けて活動している。

尾越国三(パイオニア株式会社 有機EL照明部)

1955年神奈川県生まれ。1979年パイオニア㈱入社。レーザーディスクのプロセス開発・量産化、光記録ディスクの開発を経て、1995年より東北パイオニア米沢事業所にて、有機ELディスプレイの量産設備立ち上げ・製品化(世界初)、パネル開発に従事。2011年調色調光型有機EL照明の製品化。2013年より東京にて営業現場における技術サポートを行う。

日程・申込

参加費 無料
受付形態 事前申込制(先着順)

日程 会場 定員 受付
日程:
2018年3/9(金)
18:00~20:00
会場:
5F セミナールーム
定員:
60人
受付: 開催(受付)終了

○:空席あり △:残席わずか キ:キャンセル待ち ×:残席なし
※短時間に申し込みが集中した際など、表示と異なる場合もございます。ご了承ください。

※開催前日、当日のメールなどでのお申込みはお受けできません。 お電話(TEL:03-5322-6500(代))で直接お問い合わせください。

主催 山形県、(公財)山形県産業技術振興機構
共催 リビングデザインセンターOZONE
〒163-1062 東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー
TEL:03-5322-6500(代) 10:30~19:00/水曜日休館(祝日除く)

個人情報保護法に伴う撮影時の注意事項

  • 開催中のイベント 開催中のイベント
  • 募集中の見学会 募集中の見学会
営業時間
OZONE
10:30~19:00
ザ・コンランショップ
新宿本店のみ

11:00~19:00
休館日
水曜日(祝日除く)
・夏期・年末年始
  • プロに向けた情報発信
  • 会員になるとOZONEがより便利に! CLUB OZONE
  • Today’s OZONE Today’s OZONE
  • テナント出店のご案内 テナント出店のご案内