イベント情報

2017/03/14NEWシエスタフェア2017 〜日本人の体形に合わせたノルウェーの名作椅子〜

北欧の小国「ノルウェー」に関してみなさんどういうイメージをお持ちになりますか?

古くは劇作家のイプセン、音楽家のグリークを輩出した国、また画家のムンクや、雄大な景観のフィヨルド、すしネタにもなるサーモン? それともサードウェーブと言われるコーヒーのことが頭に浮かびますか?

意外にも「優れたデザインの国」であることをご存知ない方は少なくないのではないでしょうか。 北海の油田開発やそれに伴う急激な工業化により一度は衰退を見たノルウェーのデザインは今、国を挙げての取り組みが形となって現れ、1950〜60年代の勢いを取り戻してきました。

 

shesta1.jpg

●シエスタチェアのある部屋。 左がローバックチェア、右がハイバックチェア。

 

 

そんな栄枯盛衰の流れの中でも常にロングセラーを続けてきたチェアがあります。

それが、ノルウェーが誇る世界の名作「シエスタ」です。 1965年にノルウェー王国が誇る家具デザイン巨匠のイングマール・レリングがデザインしたもので、世界各国の美術館に収蔵され、米国のホワイトハウスにも16脚納入実績のある名作椅子なんです。 なんと約50年の間に世界50ケ国以上で100万脚以上が販売されているロングセラー。

 

 

なぜこれほど長い間、高い評価を得られるのか? というと・・・・・

1.フレームを必要最小限にするため、ブナの細く薄い成形合板を使い、同時にしなやかにしなる構造になっており、また座面を支えるキャンバス地は厚みがあり、これも高い耐久性と柔軟性があります。

2.クッションのレザーは世界最高水準と言われるエルモレザー社のアニリン仕上げ(※)を使用。 これにより軽量でしなやかなこのうえないほどの座り心地を提供してくれるからなんです。 

3..最後に、メンテナンスの体制がしっかりと取れている事。 フレームやクッション部分をパーツで購入できるのは無論のこと。(木部は6年間保証になっています。) シンプルな構造体は、メンテナンスも比較的容易に出来ます。 (当店でも30年以上ご使用されたお客様のシエスタを修理することもあります。) クッション部分は当店推奨のレザーケアを使えば、劣化を防ぎながら、美しい経年変化を楽しめます。

※アニリン仕上げ:軽い保護処理のみの仕上げ。 もっとも自然の風合いを残し、最上級の革のみに許される保護処理。

 

siesta6.jpg siesta5.jpg

 ●レザーのカラーは6色、フレームはナチュラルとブラック塗装の2色。 (カラーサンプルは店舗にございますのでお問い合わせください。)

siesta11.jpg  

●ハイバックアーム付チェア  ¥331,482(税別) / オットマン  ¥125,000(税別)             

siesta15.jpg siesta16.jpg          

●ローバックチェア ¥250,000(税別) / ハイバックチェア ¥275,926(税別)

 

 

 

siesta_wasistu14.JPG
●虚飾を廃したシンプルなデザインは、「和」の空間にもしっくりと馴染みます。

 

                    

●日本人の体形に合わせたシートハイ

今回ご紹介するのは、日本向けにサイズを変更したジャパ二ーズバージョンとしてつくられたもの。 アームなしのタイプで35mm(SH380mm)、アーム付のタイプで30mm(SH395mm)とシートハイが低く製作されています。 すわり心地も目線の高さも私達の体躯や住空間に合うものだと自信を持ってお薦めします。

 

 

siesta4.jpg●ノルウェー大使館の1室でもシエスタは使用されています。 これは2016年秋 ノルウェーのライフスタイルを発信しているフリーマガジン「Style Norway」の取材風景。

●Style Norwayの情報はこちら

●シエスタチェアの公式ウェブサイトはこちら           

   

 

 

siesta9.jpg

●ローバックのチェアを三脚連結してソファタイプとしてセットした設え。
 
 
         

shesta7.jpg

●デザイナー紹介

 

■Ingmar Relling イングマール・レリング (1920〜2002) 

1920年生まれ。 地元の家具製造工場で木彫を経験した後、23歳でオスロ工科大学に入学。 アーネ・コルスモ(C.イームズの影響を受けた建築家)の指導で機能的かつ実用的なプロダクトデザインを学ぶ。 1965年極めてシンプルなフォルムと構造を持つ「シエスタ」を発表。 翌年ノルウェーデザイン賞を受賞。 以降、北欧デザインやノルウェーデザイン界の中心的存在となる。 シエスタは米国のホワイトハウスをはじめ、英国のビクトリア&アルバート博物館など世界の美術館、博物館に所蔵されています。

         

       

siesta10.jpg        

       

一度お試しになれば、体が弛緩されるその座り心地良さを実感できると思いますよ。

是非この機会にシエスタに触れてみてはいかがでしょうか。 ご来店をお待ちしております。

 

 0001-2.jpg

●今回のお知らせをするフライヤーです。

     

        

********************

●連動企画  レザーメンテナンス実演  

革製のソファーやパーソナルチェアのお手入れは、なかなか一般家庭では難しいのではと思われている方も少なくないでしょう。  この実演ではレザーの汚れを付きにくくする方法や汚れの落とし方など、ご家庭でのメンテナンス方法を店先で御案内いたします。
長くお使いいただくためのアドバイスなどもさせていただきます。 是非この機会にお集まり下さいますよう。
開催日:2017年4月2日(日)

時 間:1)11:00〜12:00 2)14:00〜15:00  二回実演
会 場:OZONE 5F ノルディックフォルム
参加費:無料

          

           

    


「NEWシエスタフェア2017 ノルウェーが世界に誇る名作椅子」

会期 : 2017年3月23日(木)〜4月25日(火) ※水曜日(祝日を除く)休館

会場 : リビングデザインセンターOZONE 5階 ノルディックフォルム

協力 : 株式会社プロダクトマーケッティングサービス

後援 : ノルウェー王国大使館

 

LIVING DESIGN CENTER OZONE