シックハウス対策/カタログ情報から シリーズ

OZONEカタログライブラリー 高津麻子
東京新聞 生活面「住まい 彩り インテリア」 2016年10月22日より

161022catalog_01.jpg現代の住宅は、断熱・気密化が進んだことで暑さや寒さ、騒音などの影響を抑え、快適に暮らせるようになった。しかし高気密住宅は風通しが悪く、湿気がこもりやすくなるためカビ、ダニが繁殖しやすい。また接着剤、溶剤、塗料、薬剤などの化学物質が、わたしたちの住まいには多く使われている。化学物質は空気中に存在するため、換気をしないとその濃度が高くなり、健康に影響を及ぼすことがある。

居住に関係して起こる健康障害のことを「シックハウス症候群」といい、喉の痛みやめまい、アレルギー、ぜんそく、不眠などの症状がある。個人差があり、まだ対処療法は確立されていない。こまめに室内の空気を入れ換えたり、生活製品選びに配慮することが大切だといわれる。

換気対策には、通風ができる外付けブラインドや強制換気システムがある。キッチンや浴室の換気設備も活用し、湿気を除去。カビ、ダニ対策には太陽光の乾燥・菌効果を利用して寝具やカーペットを干す。カーペットは敷き詰めるタイプより、取り外して洗えるものを選ぼう。

有害化学物質を含む危険性がある建材は法制度により基準が設けられ、その放散量が等級で表示されているので、製品選びの参考にしたい。不安があれば、化学物質の濃度を測定する機関に依頼するのも有効だ。

自然素材でできた壁紙や塗料、化学物質を吸収する左官材などを選ぶのも一つの手だろう。

シックハウス症候群の人への影響、対処方法はさまざまだ。家族で話し合い、対策を考えてほしい。


≪湿度調整に効果あり≫

1.左官材

161022catalog_03.jpg

化学的合成成分を一切含まないケミカルフリーの石灰(しっくい)系。フランス産「天然水硬性石灰」と国産天然石「音羽晶石」のみを国内で配合。空気中の化学物質を吸着分解するほか、消臭や湿度の調整、帯電防止、抗菌・防カビ効果がある。シリカライム社製、2500円(税抜・施工費別)から。



2.フローリング
161022catalog_02.jpg無垢材の北欧パイン。接着剤は不使用。表面はひまわり油など自然の植物油を使用した「オスモカラー」を塗装。夏は湿気を吸収し、冬は湿度を放出する木本来の機能が生かされ、温かみが感じられる。オスモ&エーデル社製、1万1900円/m2(税抜・施工費別)。

CLUB OZONEスクエア カタログライブラリー

商品カタログ、書籍、雑誌を自由に閲覧できるライブラリーのほか、打ち合わせルームやインターネット利用などのセカンドオフィスとしても活用できるOZONEのメンバーシップ「CLUB OZONE」会員専用コーナー。カタログライブラリーでは、800社7000冊のカタログやサンプル帳を用意。無料の会員入会で利用できる。

カタログライブラリー施設詳細