リビングデザインアワード 暮らしデザイン部

2017年3月31日をもって、暮らしデザイン部の活動が一部変わります。
今後のセミナーやワークショップのお知らせは、「イベントを楽しむ・セミナーで学ぶ」内にて掲載します。
引き続きよろしくお願いいたします。

暮らしデザイン部事務局

リビングデザインアワードとは、「住まいのモノやコト」に関わる日常から〈暮らし×空間×コミュニケーション〉を通じて、周りの人たちや自分の暮らしを幸せにするアイデアや活動を募る活動です。
その活動の一環として開催している暮らしデザイン部は、「リビングデザインアワード」の暮らしのプロデューサーから日常を楽しむ方法を直接学び、部活動のようにみんなでワイワイ、楽しく学べるセミナーやワークショップを開催します。

暮らしのリビングデザインアワード
暮らしのリビングデザインアワード

暮らしのプロデューサー

暮らしデザイン部などのリビングデザインアワードをサポートする専門家を各分野から迎えています。

  • 大橋マキ [アロマセラピスト]

    フジテレビを退職後、英国に留学、植物療法を学ぶ。アロマ空間演出や、香りによる企業ブランディング、介護のためのアロマ、精油の地産地消の仕組みづくりなど、様々なプロジェクトに取り組む。2015年は「ミラノ万博」三重県ブースのアロマ演出も行う。女の子1人・男の子1人の母。 英国、東京、アムステルダム、葉山、逗子を経て、現在ミラノ在住。

  • 大葉ナナコ [バースコーディネーター]

    妊娠・出産・育児と仕事のバランスのポジティブ情報を普及するべく、1997年よりバースコーディネーター業を創出。2003年バースセンス研究所設立、2005年誕生学協会設立、2014年ベビー&バースフレンドリー財団(BBFF)を設立。2015年新スクール「バース・シンフォニー・カレッジ」を東京日本橋に開校。各種研修開発、メディア監修で活躍中。

  • 竹谷仁志 [造園家・お花がかり株式会社代表]

    園芸、建築、土木、農、アート、コミュニティなど、異なるジャンルをコラボする作品を得意とする造園家。大阪芸術大学在学中より建設・造園コンサルタントにて修行し、公園緑地、建築、景観計画などの計画・設計、個人邸の庭・ガーデンショップ運営などを経て、2009 年に「お花がかり」を設立。現在に至る。

    <主な作品>
    北海道ガーデンショー2012 招待作家。
    2010年 東京インターナショナル・フラワー&ガーデンショー招待作家 ゴールド受賞。
    2004年 浜名湖花博ワールドガーデンコンペティション グランプリ受賞。

  • 辰元草子 [アニヴァーサリー・プランナー
    一般社団法人日本アニヴァーサリー・プランナー協会代表理事]

    テレビCMのマーケティング会社勤務ののちに、結婚、出産を経て、2人の娘たちに開いてきたお誕生日会が評判を呼び、2006年に日本初のアニヴァーサリー・プランナーとして子どものパーティを出張プロデュースする「SOCO'S ANNIVERSARY」を立ち上げ。簡単でセンスのよいキッズパーティ講座がママたちの間で人気となり、2013年4月からアニヴァーサリー・プランナー養成講座を開講。アニヴァーサリー・プランナーの後陣育成にも力を注いでいる。 著書に「はじめてのお誕生会」(講談社)」、「ポケモン・スイーツ de Happy パーティ」(小学館)、「親子で楽しむ 12ヶ月のキッズイベント」(講談社)がある。

  • 根津孝太 [デザイナー / クリエーティブ コミュニケーター]

    1969年東京生まれ。千葉大学工学部工業意匠学科卒業。トヨタ自動車(株)を経て、2005 年に(有)znug design 設立。工業製品のコンセプト企画とデザイン、企業の創造活動活性化のためのファシリテーションなどを担う。また、町工場から世界へをキーワードに、電動バイクzecOOの開発も推進。2014年度よりグッドデザイン賞審査委員。

  • 塚本文雄 [リビングデザインセンターOZONE 館長]

    リビングデザインセンターOZONEの開設準備段階から企画運営全般、北欧インテリアのMD等を担当。2012年4月館長就任。

  • イベントを探す

    開催日から探す

    ※2016年4月1日以降の情報

    セミナーを探す

    開催日から探す

    ※2016年4月1日以降の情報

    • 暮らしデザイン部
    • 住まいづくりセミナー(定期開催)
    • プロフェッショナルセミナーの情報はこちら