このイベントは終了しています。

第38回茨城県伝統工芸品展「BARADEN」

2020年2/20(木)~2/23(日)
1F ギャラリー・3
茨城県には40種類もの伝統工芸品が存在します。
この種類の多さは、茨城県の工芸士たちが長年培われてきた技術と文化を守り伝えてきた結果と言えるでしょう。
そして、その伝統をただ守り伝えるのではなく、茨城県の職人たちは次の世代に伝えるため日々新たな挑戦を続けています。BARADEN(バラデン)では茨城県の伝統的な工芸品から現代のライフスタイルに合わせた新しい工芸品まで様々な工芸品を展示いたします。

コンセプト

 
   
   
以前の工芸品展の様子(上記すべて)
 
『生きている手、生きている仕事。いばらの城から手仕事の未来へ。』
伝統工芸品の未来は地球の自然環境につながっています。世界の各地に生まれた伝統工芸品の多くは、植物や動物…その地方特有の自然の中から生活の道具や用品として発達してきました。「空気」、「水」、「土」、そして「人」、「技」、「心」。茨城の豊かな自然の恵みに育まれ、参加工芸士が長年磨いてきた伝統の手仕事を未来に伝える始まりの4日間です。始まりはささやかでも今まで続いてきたように、百年、千年の未来を想像して歩みを進めます。

出展者

・笠間焼(笠間焼協同組合)
・八溝塗(大子漆八溝塗 器而庵)
・結城桐箪笥(堀江桐タンス店/桐タンスのヤマキヤ)
・石岡の桐箱(高安桐工芸)
・古河竹工画(梅田 文雄)
・西ノ内和紙(紙のさと)
・本場結城紬(本場結城紬卸商協同組合)
・水海道染色村きぬの染(石山 修)
・水府提灯(鈴木茂兵衛商店)
・桂雛(桂雛)
・線香(駒村清明堂/ニックン紫山堂)
・浮世絵手摺木版画(渡辺木版)
・真壁石燈籠(真壁石材協同組合)
・梵鐘(小田部鋳造)
・米粒人形(岡崎 ゆき子)
・霞ヶ浦帆引き船模型(霞ヶ浦帆引き船・帆引き網漁保存会)

※展示内容は変更になる場合がございます。ご了承ください。
※やむを得ない事情により、中止または延期とさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。


日程・申込

結城紬のアクセサリーづくり/本場結城紬

ユネスコ無形文化遺産に登録された「結城紬」。お好きな生地を選んで、あなただけの オリジナル結城紬アクセサリーを作るワークショップです。デコレーション1つでイメージも変わります。この機会に結城紬を肌に感じてください。
※イメージです。
参加費 1,000円(税込) ※材料費込
受付形態 申込不要(当日先着順)
※状況により、少しお待ちいただく場合がございます。

日程 会場 定員 受付
日程:
2020年2/20(木)
11:00~15:00(所要時間20分程度)
14:30受付締切
会場:
新宿パークタワー1Fギャラリー3
定員:
なし
受付: 当日会場にお越し下さい
日程:
2020年2/21(金)
11:00~15:00(所要時間20分程度)
14:30受付締切
会場:
新宿パークタワー1Fギャラリー3
定員:
なし
受付: 当日会場にお越し下さい
日程:
2020年2/22(土)
11:00~15:00(所要時間20分程度)
14:30受付締切
会場:
新宿パークタワー1Fギャラリー3
定員:
なし
受付: 当日会場にお越し下さい

○:空席あり △:残席わずか キ:キャンセル待ち ×:残席なし
※短時間に申し込みが集中した際など、表示と異なる場合もございます。ご了承ください。

桐のかんなくずリース作り/石岡の桐箱

東北の桐は木肌が美しく絹糸光沢を放ち、かんなくずとは言えとても美しいです。薬品など使用していない桐ですので、インテリアとしてもやさしく、お部屋の空気を汚しません。製作はかんたんですが、お子さまは保護者の方の手助けが必要です。
※イメージです。
※電飾は付属しません。
参加費 800円(税込) ※材料費込(電飾は付属しません)
受付形態 申込不要(当日先着順)
※状況により、少しお待ちいただく場合がございます。

日程 会場 定員 受付
日程:
2020年2/22(土)
11:00~15:00(所要時間30分程度)
15:00受付締切
会場:
新宿パークタワー1Fギャラリー3
定員:
なし
受付: 当日会場にお越し下さい

○:空席あり △:残席わずか キ:キャンセル待ち ×:残席なし
※短時間に申し込みが集中した際など、表示と異なる場合もございます。ご了承ください。

会期 2020年2/20(木)~2/23(日)
時間 10:30~18:30
会場 新宿パークタワー(1F ギャラリー・3)
〒163-1062 東京都新宿区西新宿3-7-1
主催 茨城県伝統工芸品展実行委員会
後援 茨城新聞社、毎日新聞社水戸支局、読売新聞社水戸支局、朝日新聞水戸総局、産経新聞社水戸支局、東京新聞水戸支局、時事通信社水戸支局、共同通信社水戸支局、日本経済新聞社水戸支局、日刊工業新聞社水戸支局、茨城放送、NHK水戸放送局、茨城県教育委員会、一般社団法人茨城観光物産協会
監修 ミック・イタヤ
入場料 無料
問い合わせ先 茨城県伝統工芸品展実行委員会事務局 茨城県産業政策課
TEL:029-301-3584

イベントを探す

開催日から探す

※2016年4月1日以降の情報

カテゴリー別一覧

セミナーを探す

開催日から探す

※2016年4月1日以降の情報

個人情報保護法に伴う撮影時の注意事項