このイベントは終了しています。
Handweaver Magnetic Pole 主催

洗えるシルク~進化する秩父太織~ 展

2019年6/20(木)~7/2(火)
4F Japan creation space monova

※イメージです。
Magnetic Pole(マグネティックポール)は、埼玉県秩父市で糸作りから布にするまでを 手仕事で一貫生産している工房です。
現在、国内で生産されているシルク製品のうち、国産繭を使用しているものはわずか0.3% と言われていますが、 Magnetic Pole は100%秩父産の繭を使い、秩父の織物の歴史を現代に活かした布づくりに励んでいます。 撚りのない無撚糸を、オリジナルのワッフル模様で手織りされた生地の手触りの良さはもちろんのこと、 吸水性と強度に優れ、100%シルクでありながら洗濯することも可能です。 使い込むほどに光沢を増し、なめらかな手触りへと育ちます。

この展示会ではMagnetic Poleで制作している絹布(秩父太織やKAIKO、WAFFLEシリーズ)のほか、 初の自社製品でありながら『ambiente2019』のTRENDに選ばれたskin care cloth などを 大切な人へ贈るギフトとして提案いたします。

※展示内容は変更になる場合がございます。ご了承ください。

展示内容

※イメージです。

・CHICHIBU SILK SKIN CARE CLOTH 桐箱入り

蛇口から出る40℃〜45℃のお湯で濡らし軽く絞り顔にのせ毛穴を広げてそのまま気に なるところを優しくこすると、今話題のスチームケアクロスとしてお使いいただけます。

・CHICHIBU SILK Race Shawl 桐箱入り

贈って嬉しいもらって嬉しいをテーマに手染め工房『きぬのいえ』とのコラボ企画後 染めサービスを付けたスペシャルギフトを提案いたします。

Handweaver Magnetic Pole

埼玉県秩父市に2015年創業。石塚工房にて織物を学び、伝統工芸士の資格を所有す る代表の北村久美子氏と、秩父とスウェーデンで織物を学んだ南麻耶氏、家業の養 蚕農家を継いだ久米悠平氏の若き3名の担い手たちが、地元産の繭を利用し、伝統的 手わざで秩父太織制作に励んでいる。2017年から「洗える絹布」として機能美を追求し た布や製品を海外に向け発表している。
http://magneticpole.jp/
会期 2019年6/20(木)~7/2(火)
※水曜日(祝日を除く)休館
時間 10:30~19:00 /※最終日は15:00まで
会場 リビングデザインセンターOZONE(4F Japan creation space monova)
〒163-1062 東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー内
主催 Handweaver Magnetic Pole
入場料 無料
問い合わせ先 Japan creation space monova
03-6279-0688(10:30~19:00 水曜日休館)

イベントを探す

開催日から探す

※2016年4月1日以降の情報

カテゴリー別一覧

セミナーを探す

開催日から探す

※2016年4月1日以降の情報

個人情報保護法に伴う撮影時の注意事項