このイベントは終了しています。
津軽の電気 主催

津軽の伝統工芸と燈 展

2019年4/25(木)~5/20(月)
4F Japan creation space monova
津軽塗スイッチコンセントプレート
「津軽燈 (あかり) LAB」は青森県弘前市の電気工事会社である「津軽の電気」が2019年春に 立ち上げたばかりの新ブランドです。 津軽の伝統的工芸品である、「津軽塗」・「あけび細工」・「こぎん刺し」を現代のインテリアに取り入れ、 新たな青森のモノつくりを提案しています。
全国展開を目指した第1歩として、今回の展示会ではオリジナル照明器具やアクセサリーといった 様々なアイテムを展示します。ぜひ、お気に入りの作品を見つけにお越しくださいませ。

※展示内容は変更になる場合がございます。ご了承ください。

展示内容

あけび細工のランプシェード
津軽塗スイッチコンセントプレート
500枚以上売り上げた、津軽の電気の代表製品です。塗の作業は1枚1枚手作業で行っており、 48の工程を経て出来上がる津軽塗の柄は、一つとして同じものはありません。
玄関やリビングのスイッチコンセントを取り替えることで、簡単にお部屋の雰囲気をガラリと変えることができます。

あけび細工のランプシェード
灯りを灯すと編み目の隙間からもれる光が幻想的な、新感覚のランプシェードです 。

こぎん刺しピアス・イヤリング
こぎん刺しピアス・イヤリング
津軽地方に300年前から伝わる伝統的な刺繍「こぎん刺し」をアクセサリーに仕上げました。
津軽の名産であるリンゴに見立てた巻き玉がアクセントになっています。

ワークショップ

こぎん刺しワークショップ

※イメージです。
近頃ブームにもなっているごぎんざしのワークショップを開催します。コースターまたはしおりが制作できます。(※事前予約制)

■開催日
・5/18(土)
・5/19(日)
1回目/11:00~ 2回目/14:00~
■参加費
¥1,500(材料費込み)
詳細・申込はこちら

津軽燈(あかり)LAB

弘前の電気工事会社「津軽の電気」の新ブランド。今までなかった青森の伝統工芸の照明器具や小物を 提案、販売、施工。青森だけにこだわらず、全国展開、世界進出を目指し、モノつくりの提案を行う。
※2019年4月1日、HP公開予定。
会期 2019年4/25(木)~5/20(月)
※水曜日(祝日を除く)休館
時間 10:30~19:00 /※最終日は17:00まで
会場 リビングデザインセンターOZONE(4F Japan creation space monova)
〒163-1062 東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー内
主催 津軽の電気
入場料 無料
問い合わせ先 Japan creation space monova
03-6279-0688(10:30~19:00 水曜日休館)

イベントを探す

開催日から探す

※2016年4月1日以降の情報

カテゴリー別一覧

セミナーを探す

開催日から探す

※2016年4月1日以降の情報

個人情報保護法に伴う撮影時の注意事項