T・E・I・B・A・N 奈良の動詞のデザイン展

11/30(木)~12/3(日)
1F ギャラリー3
Nakata chair
Aruki-tsudukeru
  

奈良県には、独自の歴史や風土に育まれたものづくりが息づいています。「奈良ブランド開発支援事業」は、これまで下請けやOEM中心だった中小のメーカーやサービス業などが、新たに顧客向けの商品やサービスをデザインしながら、それぞれにファンを獲得することを目指す取組みとして2008年にスタートしました。参画企業は<ロングセラーのモノづくり>を目指してワークショップを重ね、それぞれがブランド構築を目指すものです。

本展は、その取り組みを実践、紹介する場となります。展覧会という形式を通して、目指すものづくりがどんなものか、自らの製品や世界観を都市生活者に直接伝えることで、課題を発見し、次のプロセスへ進みます。「定番」-スタンダードを目指すことは、作り手の技術や経験を活かした確かな品質と自らも愛着を感じるかたちの実現であり、サステナブルな社会の実現につながります。入浴剤をデザインするのではなく、バスタイムをデザインする―「行動を起こす理由」が動詞のデザインには欠かせません。名詞(物体)のデザインの前に想いや理念から始まる社会への問いかけがあり、なぜ、それを提供しようとするのかに対して明確に回答できなくてはなりません。今回も自らのモノづくりと社会のつながりを真摯に見つめる作り手が参加し、都市生活者との対話を試みます。
※この取組みは2012年より3年連続して「グッドデザイン賞」を受賞しました

※展示内容は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

出展者

Aruki-tsudukeru
caqueco
  

■TSUJIMURA・・・吉野葛への想い
■Mint Therapeutics・・・天然ミントのジェルと湿布
■Mafu a Mano・・・手織り麻への想い
■Team T・・・奈良の煎茶、焙じ茶、茶粥
■煎茶と靴下、そして薬草・・・Reading Nook(秘密基地)
■杉森建具・・・書架、レコードスタンド
■畑中篤・・・急須、器
■4Nov・・・ハンドメイドの貝ボタン
■hachi-wari・・・紙の収納
■坪岡林業・聖山・・・家具と空間づくり
■紀寺の家・・・町家に住まう旅
■垣本鉄工所・・・鉄の小物、ランプシェード
■naice中田真太郎・・・革張り椅子職人
■Yaquo Warms Labo・・・薬湯、サプリメント
■Aruki-tsudukeru・・・自分らしく生きることがテーマの服のカタチ
■Sa/ヴァレイ・・・ハンサムコート
■Biblioteca・・・パーマネント・ジャケット
■COTOYUI・・・ニットウェアの可能性、ヨガウェア
■Caqueco・・・足から生活のリズムを/②
■急須で淹れる煎茶の醍醐味 ~空中大和茶カフェ
■高畑めがね工房 ~Dear glasses

会期 2017年11月30日(木)~12月3日(日)
時間 11:00~19:00 ※最終日~17:00
会場 新宿パークタワー(1F ギャラリー3)
〒163-1062 東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー
主催 奈良県(奈良県産業振興総合センター創業・経営支援部商業・サービス産業課)
協力 リビングデザインセンターOZONE
入場料 無料
問い合わせ先 03-5322-6500(代)(10:30~19:00 水曜日休館)

イベントを探す

開催日から探す

※2016年4月1日以降の情報

セミナーを探す

開催日から探す

※2016年4月1日以降の情報

  • 住まいづくりセミナー(定期開催)
  • プロフェッショナルセミナーの情報はこちら