NEWシエスタフェア2017

ノルウェーが世界に誇る名作椅子
3/23(木)~4/25(火)
5F ノルディックフォルム

北欧の上質なデザインを取り扱う「ノルディックフォルム」では、ノルウェーデザインの名作として世界中で支持されるイージーチェア「シエスタ」を紹介します。快適な座り心地とインテリアアイテムとしての美しさや使いやすさ、製品としてのサステナビリティなど、発表から50年以上を経ても色褪せない、永く愛されるロングセラーの魅力を紐解きます。
「シエスタ」の歴史は、1965年ノルウェーの巨匠:イングマール・レリングの工房から始まります。彼は椅子を設計する段階から「環境的に正しいプロダクトであるべき」と考え、原材料の木材を無駄なく使いながら、耐久性や利便性を損なわない、シンプルかつエレガントなデザインを確立しました。会場には優れたデザインとクラフトマンシップの融合から生まれた傑作とそのバリエーションをラインナップします。見た目とのギャップも楽しい、最上級の座り心地をお試しください。

展示アイテム
  
     
  

シエスタのローバック、ハイバック、連結タイプなど、様々なバリエーションを展示

※New Japanese version
新たに座面を低くして、日本人の身体や生活スタイルに馴染みやすくした仕様です。

<シンプルなデザインとしなやかな座り心地>
フレーム部分に耐久性と柔軟性に富んだブナ材の積層板を使用して、弾性のある座り心地と軽さを実現。少ないパーツで構成されるシンプルな構造が、重量の軽さと見た目の軽快感を生んでいます。

<厳選された素材とクラフトマンシップ>
最高峰のアニリン仕上げ牛革を座面に使用し、柔らかな肌触りと丈夫さを両立。使い込むほどに深まる風合いと色艶が楽しめます。

Ingmar Relling(イングマール・レリング)

  
  

1920年生まれ。地元の家具製造工場で木彫を経験した後、23歳でオスロ工科大学に入学。アーネ・コルスモ(C.イームズの影響を受けた建築家)の指導で機能的かつ実用的なプロダクトデザインを学ぶ。1965年極めてシンプルなフォルムと構造を持つ「シエスタ」を発表。翌年ノルウェーデザイン賞を受賞。以降、北欧デザインやノルウェーデザイン界の中心的存在となる。シエスタは米国のホワイトハウスをはじめ、英国のビクトリア&アルバート博物館など世界の美術館、博物館に所蔵されている。


会期 2017年3月23日(木)~4月25日(火)
※水曜日(祝日を除く)休館
時間 10:30~19:00
会場 リビングデザインセンターOZONE(5F ノルディックフォルム)
〒163-1062 東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー
主催 ノルディックフォルム
協力 株式会社プロダクトマーケッティングサービス
後援 ノルウェー王国大使館
入場料 無料
問い合わせ先 03-5322-6565(10:30~19:00 水曜日休館)

イベントを探す

開催日から探す

※2016年4月1日以降の情報

セミナーを探す

開催日から探す

※2016年4月1日以降の情報

  • 暮らしデザイン部
  • 住まいづくりセミナー(定期開催)
  • プロフェッショナルセミナーの情報はこちら