このイベントは終了しています。

Next Eco Design展2016 TOKYO STYLE

12/13(火)~12/20(火)
1F ギャラリー3

  

本展は、プロの工業デザイナーとデザイン系学生の協働により、暮らしを見直し、環境に配慮した「未来をつくるデザイン」を目指して開催するものです。2003年に開始以来、今年で14回目を迎えます。例年デザイン系学生から参加者を募り、ワークショップなどを通じてプロのデザイナーによる実践的なデザイン指導を受けながらエコデザインを学び、その成果として学生による「エコデザイン」作品と、プロのデザイナーが提案するエコプロダクトを紹介しています。
これまでデザインは広く産業の隅々まで浸透し、さまざまな技術革新が環境問題の解決に貢献してきた一方で、新たな課題も生まれつつあり、エコデザインの更なる深化が求められています。デザイナーはいま、未来を見つめ、地球の環境収容力に見合った暮らし方や生き方について考え、自然と調和した持続可能で安心安全な社会の実現を目指してできること、求められることを思索しています。会場では、エコデザインを未来への希望につなげるデザインパワーと位置づけ、暮らしをゼロから見直し、環境に配慮する、さまざまな「未来をつくるデザイン」を公開します。世界に発信する、次代のデザインスタンダードを目指した「TOKYO STYLE」をじっくりとご覧ください。


展示品

  

公共プロダクト、インテリアプロダクト、日用品、輸送機器、エネルギーインフラ、都市システム、その他



出展者

  
  

<インダストリアルデザイナー、プロダクトデザイナー>14名(予定)
浅井治彦、石田純之助、石田聖次、石渡文一、クリストファー・カルテンバッハ、小林浩一、佐藤徹、角南健夫、高橋翼、福田一郎、堀越敏晴、本田圭吾、武藤恕始、山崎和彦 


<関東地区のデザイン学生>36名(予定)
共立女子大学、桑沢デザイン研究所、サレジオ高等専門学校、静岡文化芸術大学、女子美術大学、東京デザイナー学院、東洋美術学校、千葉工業大学、千葉大学、日本大学芸術学部、明星大学


連動セミナー 「エコデザインの社会実装」

本展を通じて製品化、商品化したエコデザインの事例と成果を語り合います。


  日時:12月17日(土)17:00~18:30
  会場:リビングデザインセンターOZONE(8F セミナールーム)
  申込み不要(当日自由参加)
  問合せ先:公益社団法人日本インダストリアルデザイナー協会事務局 03-3587-6391
       公益社団法人日本インダストリアルデザイナー協会 東日本ブロック環境委員会
       www.marucan.jp


会期 2016年12月13日(火)~12月20日(火)
※会期中無休
時間 10:30~19:00 ※最終日のみ ~16:00
会場 新宿パークタワー(1F ギャラリー3)
〒163-1062 東京都新宿区西新宿3-7-1
主催 公益社団法人日本インダストリアルデザイナー協会 東日本ブロック 環境委員会
協力 リビングデザインセンターOZONE
入場料 無料
問い合わせ先 03-5322-6500(代)(10:30~19:00 水曜日休館)

イベントを探す

開催日から探す

※2016年4月1日以降の情報

カテゴリー別一覧

セミナーを探す

開催日から探す

※2016年4月1日以降の情報

個人情報保護法に伴う撮影時の注意事項