2016年12月 1日

おうちGiftを贈ろう

kanno_2016_01.JPG12月になりました。年末年始に向け、家族や友人への贈り物を選ぶシーズンがやってきましたね。
「これからも元気で」「心地よい時間をすごして」といった気持ちをこめて、相手の喜ぶ顔を思い浮かべながら選ぶ時間はワクワクするもの。皆さまは、今年どんな贈り物を選びますか?




OZONEではギフト・コンシェルジュの裏地桂子さんにご協力いただき、自分や家族のための家時間を充実させる「おうちGift」の展示を開催しています。裏地さんのギフト選びのメッセージがとても素敵なので、皆さまにもご紹介させてください。
(以下、「ギフト・コンシェルジュ裏地桂子が選ぶ おうちGift」でのインタビューより)

kanno_2016_02.jpgkanno_2016_03.jpg

「椅子」
椅子を一脚持っていくだけで、居場所ができるし、風景が変わります。家じゅうどこでも好きな場所に運べることも、椅子の魅力のひとつです。
だから今回は軽くて運びやすい椅子を選びました。暮らしのなかに「プラスワンチェア」のプレゼント、素敵だと思います。

「掛け時計」
腕時計やスマホと違って、壁にかけた時計は家族みんなが同じものを見ます。だから掛け時計は、家族が共有している時間のアイコンだと思っています。
新しい年の始まりに、新しい時間のアイコンをプレゼントするのもいいですね。



kanno_2016_04.jpgkanno_2016_05.jpg

「カトラリー」
日常が幸せ感に包まれるように普段使いのものこそ、本当は一番贅沢で自分が好きなものであるべきです。だから我が家では、お客様専用カトラリーはありません。
写真にあるデンマーク王室御用達のカトラリー「KAY BOJESEN(カイ・ボイスン)」は、新潟県燕市で製造されているそうです。普段使いで、そのままお客様とも楽しめるカトラリー、おうちGiftに最適ですね。

「DIYのアイテム」
家の時間を大切にすることは、家自体に愛着をもつことにもつながります。だから海外の人はよくDIYを楽しみますね。
家族みんなで壁の色を決めたり、一緒にタイルを貼ったりと、部屋をキレイにリメイクするギフトとしてDIYは楽しくて、とてもよい贈り物です。



みんなでワイワイ選ぶところから、家族で過ごす新しい時間が始まりそうですね。裏地さんのメッセージを聞いていたら、私も「おうちGift」がしたくなりました。
皆さまも大切な思いを伝える贈り物を見つけに、ぜひOZONEへ遊びにいらしてください。


■ギフトコンシェルジュ裏地桂子が選ぶ「おうちGift」
https://www.ozone.co.jp/event_seminar/event/detail/171

【ままどーる。】