会社概要

社名

東京ガスコミュニケーションズ株式会社 TOKYO GAS COMMUNICATIONS, INC

沿革

東京ガスコミュニケーションズ株式会社 沿革

2015年4月 株式会社アーバン・コミュニケーションズと株式会社リビング・デザインセンターが統合し、東京ガスコミュニケーションズ株式会社発足

リビングデザインセンターOZONEは、東京ガスコミュニケーションズ株式会社 リビングデザイン事業部が企画・運営しています。

リビングデザインセンターOZONEの理念

OZONE(オゾン)が出発点“0(ゼロ)-zone”となり、リビングデザイン活動を通じて、生活者、住まい・インテリアに関連したプロフェッショナルおよび企業とともに、日本の住まいと住文化を豊かにすること。それが私たちの使命です。

リビングデザイン活動とは?

  • 心の充足を実現する住まいこそが豊かな暮らしと考え、家づくりだけでなく、暮らし方、ライフスタイルまで視野を広げ、生活者を大切にした暮らしのデザイン活動です。

  • 暮らしのデザイン活動とは、日本の生活文化・気候風土・環境との調和を尊重し、光・音・空気・温度・湿度・ニオイ、なども含めて、トータルに居住空間をデザインすることです。

施設概要

施設名 リビングデザインセンターOZONE
オープン 1994年(平成6年) 7月 4日
館長 塚本文雄
施設面積 12,680m2(3.842坪)
施設範囲 新宿パークタワー 3F~8F(一部)

リビングデザインセンターOZONEの主な活動

1996年 2月 シリーズ日本人と住まい第1回企画展「KUTU-NUGI 靴脱ぎ」開催
1998年 7月 ショールーム「にっぽんフォルム」オープン
1998年 9月 会員制度「リビングデザインクラブ(現CLUB OZONE)」スタート
及び会員誌「LIVING DESIGN」創刊
2000年 7月 建て主と家づくりの依頼先を繋ぐサービス「OZONE家づくりサポート(現OZONE家design)」スタート
2002年 7月 第1回「OZONE夏の大茶会」開催
2004年 10月 OZONE10周年記念展覧会「WE LOVE CHAIRS」展開催
2005年 4月 リビングデザインセンターOZONE来館者数1000万人達成
2009年 8月 情報センターからソリューションセンターに向けて、住まいとインテリアのソリューションスタジオなどOZONE各施設をリニューアル
2010年 4月 OZONE 子育てふぁ~む開設
2014年 7月 リビングデザインセンターOZONE開館20周年